読書

東野圭吾『悪意』あらすじ・見どころ解説 ※ネタバレ無し 人が人を殺める動機とは…加賀恭一郎シリーズ第4弾

「悪意」は1996年に出版された推理小説で、加賀恭一郎シリーズの第4弾。2001年にはテレビドラマ化もされています。

本書は犯罪に至った経緯(動機)について深く掘り下げられていく作品。二転三転する展開に気が抜けません。

この記事では
「悪意」の重要部分のネタバレは避けながら、見どころを解説していきます。

あらすじ

人気作家・日高邦彦が仕事場で殺された。第一発見者は、妻の理恵と被害者の幼なじみである野々口修。犯行現場に赴いた刑事・加賀恭一郎の推理、逮捕された犯人が決して語らない動機とは。人はなぜ、人を殺すのか。超一流のフー&ホワイダニットによってミステリの本質を深く掘り下げた東野文学の最高峰。

東野圭吾「悪意」より引用

主な登場人物

日高邦彦:ベストセラー作家で純文学からエンターテインメント作品まで幅広く執筆。野々口修とは幼馴染。仕事場で何者かに絞殺される。

野々口修:教員を辞め作家に転職し、現在では児童文学を執筆する。日高邦彦とは幼馴染。

日高理恵:日高邦彦の新妻。

日高初美:日高邦彦の前妻。交通事故で亡くなる。

藤尾正哉:日高の作品「禁猟地」のモデルになった人物。日高、野々口と同じ中学に通っていた。

藤尾美弥子:藤尾正哉の妹。兄が「禁猟地」のモデルになった事に対する抗議を起こす。

加賀恭一郎:警視庁の刑事。犯人の動機を探っていく。野々口修とは教員時代、共に働いた過去を持つ。

見どころ

藤尾美弥子の抗議

日高邦彦の著書に『禁猟地』という作品があります。禁猟地は中学校の同級生である、藤尾正哉をモデルとしたものでした。しかし、この小説には藤尾正哉にとって不名誉なことが描写されていました。

それは、学生時代のいじめの主犯格だったことや、娼婦に刺殺されたことなど、現実の内容そのものだったのです。

そこで妹である、藤尾美弥子は『禁猟地』の回収と改稿を求めてきたのです。

後に、この騒動は日高殺しへと波及していくので見逃せないポイントです。

犯人の手記

犯行動機について、断固として口を閉ざす犯人。しかし、加賀恭一郎により徐々に追い詰められ、『手記』という形で動機について告白します。

この『手記』は今後の物語の展開において、重要な役割を持ちます。

手記を読み、犯人に感情移入すればするほど事件の全貌からは、遠ざかってしまうかもしれません。

日高と野々口の異常な関係性

捜査が進み、野々口が日高のゴーストライターであったことが発覚します

なぜ、野々口がゴーストライターに甘んじていたのか?それは野々口が日高の前妻である、初美と不倫をしていたことが原因でした。

そこで、野々口は日高を殺害しようとしますが、失敗に終わります。その事実を日高に利用されたという訳です。

このような異常な関係は、野々口が日高を殺す、充分すぎる動機になると考えられます。しかし、加賀恭一郎は、この関係が成立していることに違和感を覚え、2人の過去について捜査します。

感想

『手記』を利用して、知らず知らずのうちに読者を騙す技術は、流石としか言いようがありません。簡単に東野圭吾さんの術中にはまってしまいました。二転三転する展開に心地よく振り回されます。

犯人もさることながら、優れた洞察力で動機の真相にたどり着いた、加賀恭一郎の秀逸さが際立っている作品に感じました。

隠された”真の動機”とは人間の醜い部分。しかし、どこか腑に落ちる感覚を抱きました。それは誰しもが持つ、理不尽・不条理が生んだ『悪意』だったからだと推察します。

ABOUT ME
テイケチ
◇25歳/男 ◇医療職/田舎で一人暮らし ◇小説紹介してます