読書

東野圭吾「分身」あらすじ・見どころ解説 ※ネタバレ無し

「分身」は1996年に文庫本が出版され、2012年にはWOWOWでドラマ化もされました。

人工授精、代理出産など近代医学の危険な領域をテーマに、鞠子・双葉という酷似した女性2人を描いたサスペンス小説になっています。

この記事では
『分身』の重要部分のネタバレは避け、あらすじ・見どころを解説していきます。

あらすじ

函館市生まれの氏家鞠子は18歳。札幌の大学に通っている。最近、自分に瓜二つの女性がテレビに出演していたと聞いた。小林双葉は東京の女子大生で20歳。アマチュアバンドの歌手だが、なぜか母親からテレビ出演を禁止される。鞠子と双葉、この2人を結ぶものは何か?現代医学の危険な領域を描くサスペンス長篇。

東野圭吾 「分身」より引用

登場人物

氏家鞠子:函館生まれの18歳で、札幌の大学に通っている。幼いころに母親を火事で亡くす。

小林双葉:東京の大学に通う20歳。父親はおらず、母親と2人で暮らす。

氏家清:鞠子の父親。大学で発生工学について教鞭を執る。

伊原俊策:日本の政治家で、以前は首相を務めたこともある実力者。

見どころ

母親の死「鞠子の章」

鞠子は時々「私は母に嫌われているのではないか?」と考えることがありました。母親からの愛情は充分に受け取っていましが、ときおり違和感を感じていたのです。

ある日、鞠子は台所で涙を流している母親を目にします。しかし、その日の晩にはいつもと変わらない、母親の姿がありました。安心してくつろいでいる鞠子を、急な眠気が襲います。次の瞬間、鞠子は雪の積もる家の庭で目を覚まします。すると、先ほどまで家族で団欒していた
家から大炎が上がっていたのです… 
この火事で鞠子は母親を失います。

警察はこの火事を事故として処理しましたが、父の氏家清は何かを隠しています。鞠子にはある確信がありました。

母親は”自殺”したのだと

テレビ出演の禁止「双葉の章」

双葉が所属するアマチュアバンドは、あるテレビ番組のオーディションに合格します。
しかし、母親は双葉がテレビに出演することを強く拒否しますなんとか食い下がる双葉でしたが、許しは貰えず。

昔から人前に出る事、を禁止する母親。思い悩んだ末、双葉は母親に黙ってテレビに出演することになります。

しかし、テレビ出演の後日
母親はひき逃げにあい、亡くなってしまいます

果たしてこれは偶然なのでしょうか…?

ちらつく政治家の影「双葉の章」

双葉は亡くなった母親の荷物から「伊原駿策」に関する記事の切り取りを見つけます。伊原駿策とは実力を持った政治家で以前、首相として活躍した人物です。

切り取られた記事の内容は
・伊原駿策に子供ができた
・その子供が免疫不全で亡くなった

という内容でした。

今後、自身の出生を探る、双葉・鞠子に伊原駿策の影が見え隠れしていきます。
裏で政界を操る大物政治家と、2人の関係とは…?

感想

大まかなストーリーはありがちな展開なのですが、テーマは人工授精・代理出産など近代医学。”危険な医学領域”の肉付けにより、他の作品とは一線を画す、エモーショナルな作品になっています。

とにかく、テーマがテーマだけに倫理観にビシビシ訴えかけられます。

ストーリー自体も濃ゆく、鞠子・双葉の章を交互にはさみ、テンポよく展開されてきます。

ぜひ、鞠子・双葉の出会いを見届けて下さい。

ABOUT ME
テイケチ
◇25歳/男 ◇医療職/田舎で一人暮らし ◇小説紹介してます