読書

東野圭吾『恋のゴンドラ』あらすじ・見どころ解説 ※ネタバレ無し ゲレンデを舞台にした愛憎劇

『恋のゴンドラ』は2016年に出版されたラブコメディ。4組の男女がゲレンデを舞台に恋愛ドラマを繰り広げます。

推理小説のイメージが強い東野圭吾さんには、珍しいタイプの作品ではないでしょうか。

この記事では
『恋のゴンドラ』の重要部分のネタバレは避け、あらすじに沿いながら、見どころを解説しています。

あらすじ

都内で働く広太は合コンで知り合った桃美とスノボ旅行へ。ところがゴンドラに同乗してきた女性グループの一人は、なんと同棲中の婚約者だった。ゴーグルとマスクで顔を隠し、果たして山頂までバレずに済むのか。やがて真冬のゲレンデを舞台に、幾人もの男女を巻き込み、衝撃の愛憎劇へと発展していく。

東野圭吾『恋のゴンドラ』より引用

主な登場人物

広太:都内のリフォーム会社に勤務。契約社員として入社してきた橋本美雪と婚約し同棲している。

橋本美雪:広太の婚約者。やや吊り上がった目が特徴の美人。

火野桃美:広太の浮気相手。デパートの化粧品売り場に勤務。

山本弥生:桃美の友人。細面の美人。

日田栄介:ホテルに勤務。パッとしない性格で女性にフラれ続ける。

水城直也:日田の同僚で友人。口が達者で女性からモテるが、女癖は悪い。木元秋菜の恋人。

木元秋菜:水城直也の恋人。日田、水城と同僚。

見どころ

広太の浮気

広太には橋本美雪という同棲中の婚約者がいました。しかし、結婚前の最後の火遊びとばかりに、合コンで出会った火野桃美と浮気をします。

スノーボードという共通の趣味がある広太と桃美は、里沢温泉スキー場に1泊2日の旅行に出かけるのです。

2人にはまだ肉体関係はありませんでした。広太にとってこの旅行の狙いは、スノーボードを楽しむよりも桃美の身体にありました。

しかし、桃美と共にゴンドラに乗った時、広太に衝撃が走ります。

同じゴンドラに美雪が乗っていたからです。

何たる偶然か、美雪も友達数人とこのスキー場を訪れていました。

ウェアを新しく買い替え、フェイスマスクとゴーグルを着用している広太。

果たして山頂までバレずにたどり着くことができるのでしょうか。

日田のサプライズ・プロポーズ

日田はパッとしない見た目と性格のためか、実らない恋が多かったようです。しかし、そんな日田にもついに、恋人ができました。

そこで、日田はサプライズ・プロポーズを計画・実行します。

このサプライズ・プロポーズは、水城をはじめ同僚数名が絡むかなり大がかりなものになりました。

しかし、プロポーズ当日はハプニングの連続。最後には、彼女の元恋人が現れる緊急事態に。

果たして日田のプロポーズは成功するのでしょうか?はたまた、失敗に終わるのか… そして、彼女の元恋人とは一体誰なのか?

日田のリベンジ

以前のプロポーズから紆余曲折あり、日田はスキー場を舞台にした合コン、通称『ゲレコン』で出会った、火野桃美に恋していました。

桃美は広太に騙されてから(広太が浮気)恋人がおらず、『ゲレコン』に参加したのです。

日田と桃美の仲はまずまず。しかし、日田は過去の失恋の経験から積極的にアプローチできずにいました。

そこで、水城と桃美の友人である山本弥生が協力して2人をくっつけようと画策します。そして、計画は実行されました。

がしかし、ここでもハプニングが起きてしまいます。主役であった日田が怪我を負ってしまったのです。

なんたる不運… 前回のプロポーズ同様についてなさすぎる日田。

計画は頓挫してしまうかに思われましたが… あらぬ方向に進んでいく計画に、1人翻弄される人物とは。

感想

表紙はとても可愛らしくハートフルなのに、あらすじに”愛憎劇”と記載があったため驚きましたが…

登場人物たちの恋模様を見て。クスっとしたり、切なくなったり、イライラしたり。いい意味で軽く、スーっと読める作品だと思います。

推理・ミステリー・サスペンスといったジャンルが好きな方は物足りなさが残るかと思いますが、東野圭吾さんの作品では珍しい内容だと思うので、気になる方はチェックしてみて下さい。

ABOUT ME
テイケチ
◇25歳/男 ◇医療職/田舎で一人暮らし ◇小説紹介してます