読書

2020年12月に読んだ東野圭吾作品「6冊」

こんにちはテイケチです。

2020年12月に、東野圭吾さんの作品を6冊読んだので紹介させてもらいます。

No.1 カッコウの卵は誰のもの

あらすじ

スキー元オリンピック選手の緋田宏昌。妻の死後、最愛の娘の風美が実の子でないことを知る。遺伝子を研究する科学者の登場や風美への脅迫状など予期せぬ事態に立ちあ向かいながら娘の出生の秘密を探る。果たして風美は誰の子供なのか?

【感想】
父親として娘に何ができるのか?最良の選択とは何か?葛藤し行動する宏昌に哀愁を感じました。

ヒューマンドラマも楽しめますが本格的なミステリー要素もたっぷり盛り込まれています。特に風美の出生の謎が明らかになるにつれ事件の全貌も見えてくる後半は注目です。

レビュー記事はここをタップ

No.2 予知夢

あらすじ

深夜、16歳の少女の部屋に男が侵入し、気が付いた母親が猟銃を発砲した。取り押さえられた男は17年前に少女と結ばれる夢を見たと主張。その証拠は男が小学4年生の時に書いた作文。その作文を書いた時、少女は生まれてもいない。果たして偶然か妄想か…

【感想】

ガリレオシリーズの第2弾。オカルトめいた事件を湯川が解決していく様は痛快でした。湯川を見ていると、世の中のオカルトに説明がついてしまうのではいかと、期待を抱きます。

刑事、草薙との掛け合いも好きなポイントです。短編集になっていて読みやすい作品でした。

No.3 探偵倶楽部

あらすじ

「お母さん、殺されたのよ」学校から帰ってきた美幸は、自宅で母が殺害されたことを知る。警察は第一発見者である父を疑うが彼には確かなアリバイがあった。しかし、その言動に不審を抱いた美幸はVIP専用の調査機関〈探偵倶楽部〉に調査を依頼する。調査の結果、明らかとなった悲しい事実とは…

【感想】

短編集になっていてスラスラと読めます。あらすじは短編集の1つにすぎません。

警察とは色合いの異なる〈探偵倶楽部〉は、裁くことはせず、あくまで調査のみ。暴かれた真相をどう処理するかは当事者次第。真相究明後の展開が様々で楽しめました。

No.4 むかし僕が死んだ家

あらすじ

7年前に別れた恋人・倉橋沙也加からの電話が鳴った。結婚し子供もいる沙也加は、一緒に長野県にある「幻の家」を訪ねて欲しいと言う。逡巡する主人公だが「幼い頃の記憶が全然ない」と訴える元恋人の左手首の傷を見て、その家を訪れる決意をする。

【感想】

登場人物は2人、舞台はほとんど「幻の家」から移りませんが、物語は深く展開されていきます。
・生活感のない「幻の家」
・御厨少年の日記
・止まった時計の時刻

など、ワクワクさせる展開が続きます。タイトルにある「死んだ」とは誰もが経験しうることなのかもしれません。

レビュー記事はここをタップ

No.5 天空の蜂

あらすじ

超大型ヘリ”ビックB”が何者かに奪取された。1人の子供と爆薬が積まれたビックBは原子炉「新陽」の上空をホバリング。テロリストの要求が飲めなければ原子炉に落下してしまう。迫りくるタイムリミット、テロリストとの駆け引き、子供の救出。テロリストの目的とは一体何なのか?驚愕のクライシスサスペンス

【感想】

壮大なスケールで描かれ、圧倒的な緊迫感を体感できます。

物語は午前5時~午後2時30分の8時間の出来事でしたが、濃ゆすぎます。
ビックB技術者、警察、原子炉関係者、レスキュー隊、日本政府など、様々な立場の人間がタイムリミットに迫られながら、死力を尽くす姿に痺れます。

テロリストを見ると、正義の反対もまた正義、なのだと思ってしまいます。

レビュー記事はここをタップ

No.6 分身

あらすじ

北海道で生まれ育った氏家鞠子は、幼いころに母親を亡くす。母の死について何かを隠している父。真相を探るために訪れた東京で”自分と酷似した人物がテレビに出ていた”と聞く。
小林双葉は東京に住む女子大生。母親と2人暮らし。アマチュアバンドのメンバーである双葉はテレビ出演を母親に禁止される。あまりに酷似している鞠子と双葉。2人の関係に隠された驚愕の真相とは…

【感想】

現代医学の際どい部分を描いた作品になっています。

自分が産まれてきたことに意味があるのか?自分は複製なのか?他人とは違うバケモノなのか?鞠子と双葉の葛藤には心にグッとくるものがありました。

しかし、鞠子と双葉の心が通じ合った時、2人は産まれてきた意味を感じ取り、自身の存在を肯定的に捉えることができたのではないでしょうか。
~希望的観測を込めて~

レビュー記事はここをタップ

まとめ

以上が2020年12月に読んだ6冊になります。

個人的には「むかし僕が死んだ家」が1番好きです。

何か起こりそうな感じがたまりませんでした!

以上

2020年12月に読んだ東野圭吾作品「6冊」でした

ではまた!

ABOUT ME
テイケチ
◇25歳/男 ◇医療職/田舎で一人暮らし ◇小説紹介してます