読書

東野圭吾『マスカレード・イブ』あらすじ解説 ※ネタバレ無し

『マスカレード・イブ』は2014年に出版された短編ミステリー小説で
『マスカレード・ホテル』『マスカレード・ナイト』を加えたマスカレードシリーズの第2弾。

『マスカレード・ホテル』で新田と山岸が出会う前の、それぞれの物語が描かれています。

この記事では
『マスカレード・イブ』に収録されている全4話のあらすじを、ネタバレ無しで解説しています。

あらすじ解説

それぞれの仮面

フロント業務に就く山岸の下に、かつての恋人である宮原隆司が現れる。彼は現在、元プロ野球選手のマネージャーをしていた。山岸はそんな彼から「突然部屋から女がいなくなった。探して欲しい」と依頼を受ける。しかし、山岸はかつての恋人の嘘を見抜く。宮原が山岸に隠した真相とは。

ルーキー登場

ホワイトデーの夜に事件は起きた。「ランニングに出かけた夫が帰ってこない」と通報を受けた警察が捜査をすると、ランニングコース内の建設現場にて男性の死体が見つかったのだ。通報者は田所美千代で、死体は夫の昇一と判明する。新田は事件現場に残されたタバコの吸い殻から犯人を割り出すが… 真相に辿り着いた新田が見た女の仮面とは。

仮面と覆面

女性作家の「タチバナサクラ」を追いかけ、5人のオタク達がチェックインしてきた。彼らはこのホテルでタチバナサクラが缶詰になり、執筆に励むことを知っていたのだ。そこで山岸は担当者の望月と協力しオタク達の目を欺いていく。しかし、山岸の目の前に現れたタチバナサクラは正真正銘の「おっさん」だった…

マスカレード・イブ

山岸は新たにオープンしたホテル・コルテシア大阪に派遣されていた。そこで薔薇の匂いを漂わせる客の仮面に気づく。一方、新田は都内で起きた大学教授殺人事件の捜査に乗り出し、一人の男に目を付ける。男は事件当日、大阪のホテルに宿泊していたと言うが、ホテル名を明かさない。自分のアリバイを犠牲にしてまで守りたい男の秘密とは。東京と大阪。そして山岸と新田を結ぶ、2人が出会う前の物語。

感想

本書は新田と山岸が出会う前の物語ですが、2人の意外な場面での繋がりや『マスカレード・ホテル』で起きる事件の発端が描かれており、マスカレード・シリーズのファンにおいて見逃せない作品だと思います。

自分はマスカレード・ホテル→ナイト→イブの順で読み進めました。新田と山岸コンビに慣れ親しんだあとで2人のバックボーンを知るというのも感慨深いものがありました。

他のマスカレード・シリーズの解説はこちらから↓

東野圭吾『マスカレード・ホテル』原作 ネタバレ無し あらすじ・見どころ解説

東野圭吾『マスカレード・ナイト』ネタバレ無し あらすじ・見どころ解説

ABOUT ME
テイケチ
◇25歳/男 ◇医療職/田舎で一人暮らし ◇小説紹介してます