読書

東野圭吾『流星の絆』あらすじ・見どころ解説 ※ネタバレ無し

『流星の絆』は2008年に出版されたミステリー小説で、二宮和也さん、錦戸亮さん、戸田恵梨香さん主演でテレビドラマ化された感動の名作。

三兄弟の妹が惚れたと男は、かつて両親を殺した犯人の息子だった――― 悲壮感で始まり、泣けるほどの切なさと、誰しもが騙される驚きの展開で幕を閉じます。

流星に込められた三人の絆とは。

この記事では
『流星の絆』の重要部分のネタバレは避け、あらすじを解説していきます。

あらすじ

何者かに両親を惨殺された三兄妹は、流れ星に仇討ちを誓う。14年後、互いのことだけを信じ、世間を敵視しながら生きる彼らの前に、犯人を突き止める最初で最後の機会が訪れる。三人で完璧に仕掛けたはずの復讐計画。その最大の誤算は、妹の恋心だった。涙があふれる衝撃の真相。

東野圭吾『流星の絆』より引用

主な登場人物

有明功一:有明家の長男で事件当時は小学6年生。施設から出た後は泰輔、静奈と詐欺行為にて生計を立てる。2人を守るため奔走する。

有明泰輔:有明家の次男で事件当時は小学4年生。事件があった夜に自宅から逃げていく犯人の顔を見ていた。功一、静奈と共に詐欺行為を行う時には様々な人種に化ける。

矢崎静奈:母親である塔子の連れ子で功一、泰輔の妹であるが血縁関係は無い。事件当時は小学一年生。功一、泰輔と共謀し、美貌と色気を武器に様々な男を陥れていく。

有明幸博:洋食屋「アリアケ」の経営者。店の売れゆきはいまいちだが、料理の腕は確かでハヤシライスは絶品。何者かに殺害される。

矢崎(有明)塔子:有明幸博の内縁の妻。幸博とともに何者かに殺害される。

戸神行成:洋食店「とがみ亭」の専務。父親は「とがみ亭」の創業者である政行。功一ら三兄妹から詐欺のターゲットにされる。

戸神政行:洋食チェーン店「とがみ亭」の創業者で行政の父親。ハヤシライスが大ヒットし「とがみ亭」は急成長を遂げる。事件の際に有明家への関与が明らかになったことで、功一ら三兄妹が復讐のターゲットとして定める。

萩村信二:洋食屋「アリアケ」で起きた事件の捜査を行う若手刑事。

柏原康孝:萩村とともに事件を追うベテラン刑事。三兄妹のことを気にかけており、解決に向け精力的に動く。

見どころ

両親の死

事件当日の夜、功一と泰輔は「ペルセウス座流星群」を見るため両親の目を盗み、自宅を抜け出します。

本来であれば2人で抜け出す計画でしたが、その時に静奈が起きてしまったため、やむを得ず静奈も連れていくことに。

結局、長時間ねばりましたが流れ星は見えず。雨が降り出したことにより3人は帰宅します。

功一は眠っている静奈を背負い表口へ。泰輔は裏口に自転車を止めたました。

その時、泰輔は家の裏口から1人の見知らぬ男が出ていくのを目撃します。

その後、泰輔は表口から家の中に入りました。そして両親の寝室に近づいた時、功一が泰輔を制しこう言います。

「ころされてる」

兄の言葉の意味が泰輔にはわからなかった。瞬きした。

「殺されてる」功一はもう一度いった。声に抑揚がなかった。

「父さんも母さんも殺されてる」

東野圭吾『流星の絆』より引用

こうして三兄妹は両親を失ったのです。

事件は解決の糸口を見つけ出せず時間のみが経過していきました。

そして、引き取りてのない三兄妹は
児童養護施設へ入所することに。

それぞれのかけがえのない宝物と両親の思い出の品とともに。

Aランクのターゲット

児童養護施設を出た三兄妹は、紆余曲折ありながら手を取り合って生活をしていきます。

彼等の生活を支えていたもの。
それはなんと『詐欺行為』でした。

きっかけは、妹の静奈がエステティシャンの資格商法に騙され30万円を失ったこと。

そこで功一は「騙された分はまた誰かを騙して取り返せばいい」と考えたのです。

彼等の詐欺行為は明確な役割分担がされていました。

全体のシナリオを功一が描き、泰輔が宝石商や銀行員に化け、静奈が持ち前の美貌と色気を武器に男を陥れる。

というもの。

こうして数々の詐欺を行ってきた彼等は、次のターゲットを定めます。

その人物の名は戸神行(28歳)

行成は、洋食大手チェーン店「とがみ亭」の社長である戸上政行の息子であり、専務としての肩書を持つ男です。

ターゲットランクは「A」(騙し取れる金額の上限が測れない相手)

功一が描くシナリオは、まず静奈に行成を惚れさせそして、宝石商になりすました泰輔が、静奈にプレゼントするための宝石を行成に買わせる。

という流れ。

この時から三兄妹の復讐計画は動き出していました。

犯人の顔

静奈は戸神行成に近づくという目的を難なくクリアしていました。
ワインの試飲会に参加し、行成との接触に成功したのです。

そしてその場で「とがみ亭広尾店」で
行成と会う約束まで取り付けました。

しかし、その約束はデートと呼べるものではなく、「とがみ亭に関する感想を聞きたい」という行成が静奈を店に招待したに過ぎず、ビジネスの要素が多分に含まれていました。

そして当日、静奈と行成は再会を果たします。

静奈は「とがみ亭」の料理を食べながら店の内観や雰囲気について感想を述べました。

その感想を聞く行成は真剣そのものでした。

その後、行成はハヤシライスの試食会に静奈を招待します。

行成いわく、「ハヤシライスがヒットしたおかげで、とがみ亭はここまで大きくなった」とのこと。

静奈は次に会う口実になると思い、内心ほくそえみながら承諾します。

そして静奈が店を後にしようとした時、
行成の父親であり「とがみ亭」の社長である戸神政行が姿を現します。

2、3言葉を交わしたのちに静奈は「とがみ亭」の入っているビルを去り、道路の反対車線で待機していた泰輔と合流します。

泰輔は「とがみ亭」を眺めながら静奈の報告を聞きます。

すると、行成とその後ろから戸神政行がビルから出ていき、タクシーを拾ってどこかに去っていくのが見えました。

その時、泰輔は確信します。

「あいつ……後ろから来てた男、戸神行成の父親なのか」泰輔の呼吸は乱れていた。

「そうだけど、それが何か」

あいつだ、と泰輔は呟いた。

「あの夜……父さんと母さんが殺された夜、家の裏口から出ていった男……今の男が、あの時の男だ」

東野圭吾『流星の絆』より引用

ハヤシライスの味

泰輔からの報告を聞いた功一は、戸上政行と殺された両親との”繋がり”を見つけるべく調査を始めました。

彼は「とがみ亭」の昔の姿を知っている人物から情報を収集します。

その人物からの情報により

・最初は苦労したようだが、14年ほど前に流行り出した
・ハヤシライスが名物でテレビや雑誌で取材されていた

ということが分かりました。

功一ら三兄妹の両親が殺されたのがちょうど14年前とはいえ、軌道に乗りだした店の店主が強盗殺人を犯すなど、功一はどうしても考えられませんでした。

しかし、そんな功一の考えを覆す出来事が起きます。

静奈は行成に招待されていた
”ハヤシライスの試食会”に参加していました。

そこで最後に出されたハヤシライスに静奈は驚愕し、思わず涙を流してしまいます。

静奈の異変に気づいた行成は彼女をタクシーに乗せ、自宅まで送り届けることに。

その様子を見ていた泰輔は行成が去ったあと、静奈と合流し涙のわけを聞きます。

すると、静奈は驚くべき理由を語り出しました。

「料理の最後にハヤシライスが出たんだ。彼……戸上行成がいってた自慢のハヤシライス」

「それがどうしたんだ」

「同じだったんだよ」

「何が?」

静奈は返答を躊躇うように唇を舐めてからいった。「うちのと……」

「うちの?」

「父さんが作ってくれたハヤシライスだよ。『アリアケ』のハヤシライス。今夜食べたハヤシライスは、あれと同じだった。同じ味だった」

東野圭吾『流星の絆』より引用

殺された両親はかつて『アリアケ』という名の洋食店を経営していました。

メニュー表には
当店自慢のハヤシライス、百年の歴史の味をどうぞ―――』
と書かれているほど、ハヤシライスを売りにしている店だったのです。

静奈、泰輔から話をきいた功一は父親の作っていたハヤシライスの味を再現します。

彼は14年前の事件後、児童養護施設に移る前に「アリアケ」のレシピ本を持ってきていました。

功一が作る「アリアケ」のハヤシライスと「とがみ亭」のハヤシライスが同じ味であった場合… 14年前の事件に戸上政行が関与していることが確実となります。

そして功一が再現した「アリアケ」のハヤシライスを食べた静奈は
「ほとんど同じだけど、食べた後に残る香りが違う」と指摘しました。

そこで功一は名古屋まで出向き、秘密兵器を調達してきます。

それは名古屋の老舗の醤油で、アリアケのハヤシライスの隠し味に使われていたものでした。

その醤油を使い、功一は再びアリアケのハヤシライスを再現し、静奈に食べさせました。

静奈は「完璧、独特の香りがある。お父さんのハヤシライスだ。」と感想を述べます。

そして
このハヤシライスと「とがみ亭」で食べたハヤシライスの味が全く同じであったと断言したのです。

この事実に功一は語ります。

「この醤油は『とがみ亭』も仕入れてるってことだよ。しかも最初に仕入れたのは、14年前らしい」

「偶然じゃねえよ」功一がいった。

「戸上政行は『アリアケ』の味をパクったんだ。――泰輔」

「何?」

「あの夜、おまえが目撃したのは戸上政行だ。おまえの目はたしかだった」

東野圭吾『流星の絆』より引用

そして、三兄妹のターゲットは戸上行成から父親である政行に変更されます。

狙うのは金ではなく
『有明夫婦殺人事件の犯人であるという証拠』

ターゲットランクは超Aクラスに設定されました。

静奈の恋心

静奈は戸上行成と初めて会った時から、ある違和感を覚えていました。

その正体は『罪悪感』

普段の相手なら「騙される方が悪いんだ」とう信念が常に勝っていましたが、行成の場合は勝手が違っていました。

静奈は会うたびに変化する、行成に対する気持ちを誤魔化しながら。

そして2人の兄にその気持ちを悟られないよう、計画を進めていきます。

しかし、泰輔は静奈の心境の変化に気が付いていました。

そして功一に伝えます。

「シーはさ……」泰輔は兄に目を見つめていった。「惚れてるぜ」

「はあ?」功一が顔をしかめた。「何だって?」

「あいつ、惚れてるよ。戸上行成に惚れてる。芝居じゃない。本気で惚れてるんだ」

東野圭吾『流星の絆』より引用

自分たちの両親を殺した男の息子に惚れた、妹の静奈。

三兄妹の復讐計画はどうなってしまうのでしょうか。

衝撃と感動のラストが待っています。

感想

本書のテーマは”兄弟の絆”。そこに両親の殺害というミステリー要素と妹の恋という恋愛的要素が加わり、泣けるほど切なくも、感動する作品になっています。

”両親の殺害”という事件だけを見ればシンプルな流れですが、予想だにしないどんでん返しがありミステリーの醍醐味を味わうことができました。

そして事件の延長線上に『静奈の恋心』があり、涙を誘います。静奈だけでなく、静奈のことを想う功一や泰輔の行動や言動も泣かせにくるんですよね…

読む人を選ばない名作だと感じました。

原作はこちら↓

DVD版(ドラマ)はこちら↓

ABOUT ME
テイケチ
◇25歳/男 ◇医療職/田舎で一人暮らし ◇小説紹介してます