読書

東野圭吾『歪笑小説』あらすじ解説 「笑小説シリーズ」第4弾。

『歪笑小説』は2012年に出版されたユーモア短編小説で「笑小説シリーズ」の第4弾。小説業界の裏側を面白おかしく描いています。

新人編集者が目の当たりにした、常識破りのあの手この手を連発する伝説の編集者。自作のドラマ化話に舞い上がり、美人担当者に恋心を抱く、全く売れない若手作家。出版社のゴルフコンペに初参加して大物作家に翻弄されるヒット作症候群の新鋭…俳優、読者、書店、家族を巻き込んで作家の身近は事件がいっぱい。ブラックな笑い満載!小説業界の内幕を描く連続ドラマ。

東野圭吾『歪笑小説』より引用

この記事では
『歪笑小説』に収録されている全12話のあらすじを、ネタバレ無で解説していきます。

あらすじ解説

伝説の男

灸英社の書籍出版部に配属となった青山は、どんな作家からも原稿をもぎ取ってみせる「獅子取」という伝説の編集者を目の当たりにする。伝説の編集者がとる、恥を忍ばない驚くべき方法の数々とは。

夢の映像化

新人作家である熱海圭介のもとに『撃鉄にポエム』映像化の話が舞い込んできた。撃鉄のポエムとは熱海圭介の代表作である。歓喜する熱海だったが、企画書に目を通して驚愕する。それもそのはず、ストーリーや主人公が原作と全く異なっていたのだ。

序の口

新人作家である唐傘ザンゲは、ベテラン作家たちとのゴルフコンペに参加することになった。気が重たかった唐傘だが、少しづつベテラン作家さちと打ち解けていく。その中で大御所作家の思考や気概を目の当たりにすることになる。

罪な女

新人作家である、熱海圭介の担当編集者が「川原美奈」という女性へと変更になった。熱海は美人で、自身の作品をべた褒めする川原の虜になっていく。しかし、同じく川原が担当する新人作家、唐傘は川原に対して苦言を呈していた。その理由とは。

最終候補

石橋堅一は理不尽な人事異動により、仕事に対するモチベーションを失っていた。そんな時に灸英社の新人賞を知り、応募することに。そして見事、最終候補作品に残ることになった。そこで石橋は仕事を辞め、作家として生きていく道を考え始める。

小説誌

『小説灸英』編集部の青山は中学生による職場見学の対応をすることになったが、中学生たちの鋭い質問にだじたじになる。しかし、鬱憤の溜まった青山はついに激怒してしまうことに。

天敵

灸英社の小堺は、新人作家である唐傘ザンゲとの打ち合わせに向かう。現場に到着すると、やはり須和元子も来ていた。須和は唐傘のマネジャーであり婚約者だ。そんな彼女は唐傘の作品にいちいち口を出し、唐傘が悩む原因を作り出しているのだ。小堺はそんな須和のことを”天敵”だと認識していた。

文学賞創設

灸英社は新たに『天川井太郎賞』という文学賞を創設することになった。直本賞の前哨戦としての位置づけとなった天川井太郎賞だったが、『天丼賞』『天井賞』などと読み方を間違えられるハメに…… そんな文学賞、初の受賞者とは誰なのか。

ミステリ特集

灸英社は『ミステリ特集』を組んでいたが、原稿を依頼していた1人の作家が入院してしまった。仕方なく、ピンチヒッターを探すが、次々と断られてしまう。そこで、白羽の矢が立ったのが新人作家、熱海圭介だった。

引退発表

ベテラン作家の寒川心五郎が「作家を引退する」と言い出した。そして、灸英社の神田に対して”合同記者会見”を開いて欲しいと要求する。寒川の望み通り、実際に記者会見は開かれるのだが…… 

戦略

灸英社では新人賞受賞者の歩留まりが問題視されていた。そこで編集長の獅子取は「近々、新人賞出身の作家をブレイクさせる」と啖呵を切る。その新人賞出身作家というのが熱海圭介であった。果たして熱海は狙い通り、ブレイクすることができるのか。

職業、小説家

須和光男は、娘の婚約者と対面した。その婚約者は職業が小説家ということもあり、光男は不安でならなかった。しかし、小説家という職業を知っていく中で、光男の心境は徐々に変化していく。

感想

小説を消費する側の自分として、作家の方や出版社の方々がどのような過程を踏み、作品を生み出すのかを知れ、新たな発見となりました。

小説業界の裏側を面白おかしく知れる1冊です。


ABOUT ME
テイケチ
◇25歳/男 ◇医療職/田舎で一人暮らし ◇小説紹介してます